テクニカルガイド

中綴じ冊子

中綴じ冊子とは

センターで二つ折りし、針金で2カ所を綴じる冊子です。
商品カタログ、会社案内、パンフレット、フリーペーパー、情報誌、同人誌、マニュアルなど幅広い用途にご利用いただける冊子になります。
ページ数の多い物には適していませんが、見開きでページ間が完全に開ききるのが特徴です。
紙の厚さによって、8P~64Pまで対応しております。

※データを作成する際には、必ず見開きでデータを作成し、ご入稿の際に「表紙」「中面」「裏表紙」「ページ数」等が判別できるよう、テキストデータあるいは、データ上またはファイル名に明記してください。

Illustrator及びInDesignの入稿について

◇入稿フォルダの中に、台割を一緒に添付してください

  • ・作成方法
    データは必ず「見開き」で作成してください。
    見開きページで左綴じもしくは、右綴じをご確認いただき作成してください。
  • ・ファイル名について
    ファイルが複数になる場合は、ファイル名をノンブル番号で保存してください。(例:P1-P2、P11‐P12 等)
  • ・ノンブル
    ノンブルは外側にくるようにしてください。
    デザイン上、ノンブルを入れたくないページには枠外(仕上がり線の外)に捨てノンブルを表記してください。

◇PDFでご入稿について

  • ・入稿フォルダの中に、台割を一緒に添付してください。
  •  出力機の設定上、単ページづつでお願いします。

◇メディア入稿の場合

・ご来店、ご郵送の場合は、折り見本を付けていただいてもかまいません(その際、添付ファイルは不要です)。

中綴じ冊子の注意点

 中綴じ加工を行いますと、用紙の種類により背部分に多少の割れが発生いたします。
用紙の厚みが厚いほど顕著に現れ、折り目に印刷をされている場合、インキが剥がれたように見えます。
可能であれば、折り目に絵柄を入れない、淡い色にするなどのデザインをご検討ください。

  • ※「タテ長」と「ヨコ長」
    綴じる位置により、タテ長やヨコ長の冊子をお選び頂けます。
  • ※「右綴じ」と「左綴じ」
    冊子はどちらから読むかによって開く方向が違います。
    一般的には【縦書きの文章は「右綴じ」】、【ヨコ書きの文章は「左綴じ」】となります。
  • ※基本的には表紙と本文(中ページ)は同じ用紙で印刷し、表紙部分(4P)も総ページ数に含みます。
    表紙と本文を別の用紙で印刷されたい場合は、本文を表紙部分(4P)引いたページ数でご注文いただき、同時に表紙を「中綴じ冊子表紙印刷」としてご注文ください。
  • ※二つ折りにした紙を重ねて綴じるため、ページ数の多い冊子や厚い用紙の冊子では、内側と外側のページで仕上がり寸法に差が生じます。
    その場合、内側にあるページの寸法がやや短くなるため、仕上がりサイズギリギリまであるデザインは絵柄などが切れてしまう可能性がございます。
 
<必ず表記頂きたい内容>
  • 用紙サイズ(例:A4)
  • 印刷データのファイル名
  • 総ページ数
  • 表紙の指定
当サイトに載っていない印刷についてや、資料請求に関してのお問い合わせに関しては下記のページから
お問い合わせ下さいます様よろしくお願いします。
ページの先頭へ
新規会員登録はコチラ ダイレクトメールでお困りですか?DMまるまるまごころパックが解決! 名入れオリジナル卓上カレンダー 2017年賀状印刷
印刷関係のお悩み「対面でご相談」大口・入札案件対応
スタッフブログ アルプスムービー
  • ★工場長インタビュー
  • ★印刷機長に聞く①
  • ★印刷機長に聞く②
  • ★印刷機長に聞く③
  • ★断裁最前線
  • ★折り加工最前線
  • ★中綴じ最前線
  • ★無線綴じ最前線
  • ★発送最前線①
  • ★発送最前線②
  • ★データチェック最前線
  • ★面付け・出力最前線
  • ★デザイン最前線
  • ★営業最前線
お客様の声 事業所一覧

〜臨海副都心の利便性でご対応〜


ALPS-PPS 環境保護&個人情報保護

プライバシーマーク取得
プライバシーマーク取得
植物油インキ使用
VEGETABLE OIL INK
SSLサーバ証明書取得
暗号化による安全なデータ通信
RapidSSL