テクニカルガイド

白版の必要性と作り方

白版の必要性


クリアファイルの印刷で白打ちが必要な場合は、大きく分けて3通りあります。



カラーの写真やイラストを入れる場合

白い紙に4色カラーを印刷する場合、写真等の絵柄の中の白い部分は紙の色の白を使い、その他の色の部分をCMYKの4色で色をつけていきます。
クリアファイルは透明のPP(ポリプロピレン)を使用していますので、白打ちをしないと、写真等の絵柄の中の白い部分が透明になってしまいます。
基本的に写真やイラストの後ろには白色を印刷しなければなりません。
*写真やイラストを印刷する場合でもデザイン上、白打ちをしない場合もあります。



クリアファイルの中に入れる書類を透けにくくしたい場合

通常のカラーインキは透明インキで、PPに何色を印刷しても中が完全に透けてしまいます。白打ち用の白インキは不透明インキですので、中に入れる書類を透けにくくしたい場合は白打ちをします。しかし完全に不透明にはなりませんので、ご注意下さい。



白色をデザインとして使用する場合

白色をデザインとして利用する場合は白打ちが必要になります。
「白い文字や図形を入れたい」「白ベタを印刷したい」という場合です。

白版の必要性と作り方 一覧

新規会員登録はコチラ ダイレクトメールでお困りですか?DMまるまるまごころパックが解決!
印刷関係のお悩み「対面でご相談」大口・入札案件対応
スタッフブログ アルプスムービー
  • ★工場長インタビュー
  • ★印刷機長に聞く①
  • ★印刷機長に聞く②
  • ★印刷機長に聞く③
  • ★断裁最前線
  • ★折り加工最前線
  • ★中綴じ最前線
  • ★無線綴じ最前線
  • ★発送最前線①
  • ★発送最前線②
  • ★データチェック最前線
  • ★面付け・出力最前線
  • ★デザイン最前線
  • ★営業最前線
お客様の声 事業所一覧

〜臨海副都心の利便性でご対応〜


ALPS-PPS 環境保護&個人情報保護

プライバシーマーク取得
プライバシーマーク取得
植物油インキ使用
VEGETABLE OIL INK
SSLサーバ証明書取得
暗号化による安全なデータ通信
RapidSSL