テクニカルガイド

オーバープリントについて

オーバープリントとは、イラストレータのカラーに関する属性で、塗り(又は線)にオーバープリントを指示することによってノセ(オーバープリント)の状態になる機能です。
フルカラーの場合、一般的にK100%の部分にはスミノセ(オーバープリント)の処理を施します。これによって見当ズレ等のミスを最小限に防ぐことができます。
ですが、制作する上でこれを全て手動で指示するのは困難であり、また人為的ミスが起こりトラブルの原因にもなります。
そこで、当社ではトラブル防止の為、製版RIP 処理を行っております。データ上でのオーバープリントの設定は行わないようにお願いいたします。

注:オーバープリントでの注意

イラストレータのデータでは、図形ごとにオーバープリントを設定することができます。
ただしホワイト(CMYK 全て0%)の場合、オブジェクトにオーバープリントを行うと、下地の色と完全に同化して(透明になる)しまいますので、ご入稿前に「表示」→「オーバープリントプレビュー」にてご確認ください。

ヘアラインについて

ヘアラインとは、「線幅がゼロ(空欄)」ライン(罫線)のことをいいます。
画面やプリンタでは、ある程度の太さのある線として表現されますが、印刷機で刷ると、かすれたり消えてしまったりします。罫線には必ず線幅を設定してください。ヘアラインが含まれたデータでご入稿された場合は、データチェックでの確認対象外となりますので、そのまま進行となります。ご注意ください。
また線幅が「0.25pt」以下の設定の場合もヘアラインと同様、かすれたり消えたりする原因となりますのでご注意ください。

当サイトに載っていない印刷についてや、資料請求に関してのお問い合わせに関しては下記のページから
お問い合わせ下さいます様よろしくお願いします。
新規会員登録はコチラ ダイレクトメールでお困りですか?DMまるまるまごころパックが解決!
お客様の声 事業所一覧

~臨海副都心の利便性でご対応~


ALPS-PPS 環境保護&個人情報保護

プライバシーマーク取得
プライバシーマーク取得
植物油インキ使用
VEGETABLE OIL INK
SSLサーバ証明書取得
暗号化による安全なデータ通信
RapidSSL