印刷のネット通販ならまごころ印刷の【アルプス】

冊子印刷・チラシ印刷・フライヤー印刷・カタログ/パンフレット印刷・ポスター印刷などオフセット印刷 | 高品質・低価格・短納期の印刷会社

  • 会員様ログイン
  • チラシなどのお試しクーポンプレゼント!無料会員登録

SNSで情報発信中!

  • tiwtter
  • facebook
  • instagram

03-6659-8777

インクジェット出力03-3646-7778

平日 9:00~19:00・土日祝 9:00~18:00

メールアドレスinfo@alps-pps.co.jp

テクニカルガイド

クリアファイルデータの作成方法

白版の必要性と作り方

フォトショップによる作成

クリアファイルの白版データは、イラストレーターをお持ちでないお客様や、絵柄によってフォトショップで作りたい時などには、フォトショップを使用して作って頂く事も可能です。



1.パスを作る

イラストレーターと同様に、ペンツールのパスで自由に白版用オブジェクトを作る事ができます。

新規で白版レイヤーを作成して、白打ちをしたいオブジェクトに添ってペンツールでパスのオブジェクトを作って下さい。

2. 解像度を1200dpiに設定する

上記でできたパスの選択範囲を作成する際に、細やかな選択範囲がとれるよう、解像度を1200dpiに設定して下さい。

メニューの「イメージ」→「画像解像度」を選択して下さい。

「画像の再サンプル」にチェックを入れた状態で、解像度を1200dpiに設定して下さい。


そうしますと、サイズはそのままで画像のピクセル数が多くなります



3. 作成したパスから選択範囲を作る

パスを作成しましたらそのパスで選択範囲を作成して下さい。

イラストレーターのパスのオフセットと同様に絵柄より白版を0.1mm小さくしなければなりませんので、選択範囲が表示された状態で、メニューの「選択範囲」→「選択範囲を変更」→「縮小」で5pixel選択範囲を縮小して下さい。

4. 選択範囲を塗りつぶす

選択範囲をK100%で塗りつぶします。


メニューの「編集」→「塗りつぶし」を選択して下さい。

内容の使用をカラーに設定すると、カラー選択ウィンドウが表示されますので、CMYKの数値をK100%に設定して下さい。

そうしますと、選択範囲がK100%で塗りつぶされます。


5. モノクロ2階調に変換する

メニューの「イメージ」→「カラーモード」で「グレースケール」にしてから「モノクロ2階調」に変換して下さい。


6. 保存する

カラーモードを「モノクロ2階調」に変換しましたら、別名保存をして下さい。
この時、保存形式は「TIFF」に設定して下さい。






白版の必要性と作り方 一覧

外部のJavascriptの読み込み記載